【やんばる国立公園】マングローブを見に行こう!のんびりSUPクルージング

マングローブとは、亜熱帯地域の河口汽水域の塩性湿地の森林。サップクルージングをしながら海の森マングローブ林をお散歩しませんか。大自然満喫のエコツアーです。風景をみながらのんびりクルージングを楽しむことだできます。SUP(サップ)パドルボードは、初心者用の大きな浮力のあるボードですので、女性の方、初心者でも簡単に立つことが出来ますのでお気軽にご参加下さい。

「やんばる(山原)」とは、「山々が連なり森の広がる地域」を意味する言葉で、亜熱帯照葉樹林の森が広がっている沖縄島北部を指しています。特に、最北端の辺戸岬周辺の沖縄本島北部地域・国頭村、大宜味村、東村を中心とする一帯はノグチゲラやヤンバルクイナをはじめとする多くの固有種が生息し、生物学的にまとまりのある森林が比較的健全な状態で残っています。これら3村の周辺、海域の区域が新たに、平成28年9月15日に33番目の国立公園(やんばる国立公園)として指定されました。また、沖縄最北端の辺戸岬まで10km程度、大石林山、比地大滝、茅打ちバンタ、ヤンバルクイナ展望台など観光スポットもたくさんございますので是非遊びに来て下さい。
oa1402_10.jpg
oa1402_01.jpg
詳細はコチラ
【やんばる国立公園】マングローブを見に行こう!のんびりSUPクルージング

絶対安い!厳選 沖縄の宿泊施設 沖縄フォトコンテスト
PVランキング

カテゴリ

ページの先頭に戻る